スペイン釜でプリン!   

2008年 02月 05日

今日はパンを焼く石釜ではなく、スペイン釜でプリンを焼きました!
スペイン釜はあのニワトリの方ですよ。目にしていただいた方にしかわからないのですが、“ニワトリ”の石釜です。
通常下から間接的に薪で釜を温めますが、スペイン釜は直接釜の中に薪を入れて温めます。

b0126408_11512625.jpg

いぃファイヤーしてますねぇー。


十分温まれば薪を掻き出し、プリンを投入!!作業的にはボーっと燃やしてポンッと入れるだけなんですが、その間にはたくさんの推測と微妙な調節をしていくんです。。パンを焼く石釜よりも細かい温度調節をしていかなくてはいけません。
スペイン釜はパンを焼く釜より早く温度が上がってくれます。けれど、その分すぐに温度も下がってしまします。スペイン釜をプリンに合わせてどのくらいの時間燃やし続けるのか、火加減は、どのタイミングで薪を掻き出すのか、どれもかかせないことです。強い火で短時間で温めた釜は高温ですが保温性にはかけます。それにプリンは高温すぎると“す”がたっておいしくありません。だからといって、小さな火で温めようとすると、時間がかかる上に外気は冷たいのでせっかく温めていてもすぐに温度を奪われてしまいます。だからこそ、ある程度まではしかっり温め、プリンが焼ける温度が保てるようにうまいこと火加減など調節していきます。
ちなみに、スペイン釜でのプリン作りは温度計は使いません。すべて自分の感覚で調節していきます。スペイン釜に手をあてたり、手を中に入れて温度を感覚でつかんでいきます。温度計が理想の温度を指しても、その日の薪のくべ方によってプリンを釜に入れてからどのような温度変化が起こるかまではわからないからです。だからこそ、自分の手で感じてうまいこといくようにしていくのです。
と、こんな試行錯誤して出来上がったプリン達です。

b0126408_11515249.jpg

黄色がまぶしいですね。

たかだプリン、コンビニへ行けばすぐに買えちゃうプリン。オーブンやフライパンでだって作れちゃうプリン。
けれど、イビサはずっと石釜プリン。“作る”過程では遠回りかもしれないけど、“おいしさ”にはきっと近道。電気やガスは一切使わず、自然の力をかりてこれからもずっと、食べて欲しくて石釜プリンを作り続けていきますよ。



b0126408_11521040.jpg

今日はジョニーちゃん、車のタイヤの隙間にぺったり。
変わった猫ですねー。。
[PR]

# by ibizablog | 2008-02-05 11:50 | IBIZA

今日は節分でしたね。   

2008年 02月 03日

今日は生憎の雨空。せっかく薄っすらと積もった雪も全部水になってしまいました。昨日、雪が降ったこともあり今日はとても寒く感じました。。
パンを焼く石釜の温度がなかなか上がってくれずヒーヒーです。

b0126408_11535047.jpg


あっ!左側に何かいると思えば釜猫ジョニーでした。
b0126408_1154590.jpg


どこが一番暖かいかわかっているんですね。今日は一日中石釜にぺったりでした。



今日は節分でしたが、特に豆を撒くこともなく終わってしまいました。。
けれど、今日はスタッフが持ってきてくれたオレンジをみんなでいただきました!
節分とどう関係あるんだっと言われたら、特にというより全然関係ないんですけどネ。少しいつもと違うってところがうれしいんです*.:*。
でも、オレンジといえばスペインのオレンジはとってもおいしいんですよ!オレンジ生絞りジュースも絶品です!!スペインへ行ったらぜひ一度は飲んでみてください。
そういえば、スペインに行ったときにスペイン人の知り合いの方から面白いオレンジの剥き方を教えていただきました。ただ、オレンジにナイフで切り込みをいれていくだけなんですけど、切って広げてみるとなんと!!?!

b0126408_11542083.jpg


男の子になるんです。男の子に。女の子じゃなく、男の子ですから!
そこがこのオレンジの剥き方のミソですから。だってちゃんとおち○ち○が
ついてますからね!スペインの人ってホントにユーモラスに溢れてるんだなぁーっと実感した瞬間でしたね。
時間があればいつでも男の子になる剥き方の線を描きますんで、気になった方は気軽にオレンジ持ってきてください。
[PR]

# by ibizablog | 2008-02-03 12:00 | 季節

雪振る空でした。   

2008年 02月 02日

昨日はあんなに晴天だったのに…今日は午後から雨がミゾレとなり、
ついには雪が降ってきました。
b0126408_11563590.jpg


雪は寒かったり冷たかったりしますけど、やっぱりきれいですね。
“白”を感じときは今まで緑や茶色だった大地がすっぽりと雪に覆われた時に感じます。
ここイビサは特に“白”を見る機会が立ち上る白い煙ぐらいだからなのかもしれないんですけどね。。
雪が降るともう一つ感じることは、雪の中歩いているとふとさっきまで頬を冷たく撫でるように降っていた雪が止むときがあるんです。
あっと思って上を見ると木々が雪を遮ってくれているんです。
夏は焦げるような暑い日差しを、冬は凍るように冷たい雪をまるで木々がやさしく手を伸ばしてくれているように。
その時に“森”になんだか近づいたような、そして自分達も自然の一部なんだなぁと心の奥の方でいつも思います。

今日は降ってから少し時間がたってからのわんこお散歩タイムだったので、少しずつ雪が積もりはじめていました。
葉っぱも散ってしまった桜の木の枝に積もる雪が、まるで枝一面に白い花を咲かせているようできれいでしたよ。



b0126408_1157258.jpg


石釜で焼いた日替わりタルトです。今期は『金柑タルト』です!
金柑がきらきらしててきれいですねー。
なんたってただいま金柑がとてもおいしい季節ですから!!
[PR]

# by ibizablog | 2008-02-02 12:02 | 季節

晴れ渡る空でした!   

2008年 02月 01日

今日は久々に見る青空でしたね!お日様がなんとも気持ちがいい・・・。

サビーナちゃんも気持ちよさそうですね
b0126408_17191414.jpg


なんたって今日はこんなに晴れたんですから!
b0126408_17193374.jpg


あっ!右側にちっちゃなタヌキが写ってると思ったら、猫のジョニーちゃん
でした。今日出来た氷をおいしそうに舐めてますね。
b0126408_1719507.jpg


白菜だって干しちゃいます。
b0126408_17201294.jpg


ドカチン作業も順調のようですね。石をきれいにはめこんで
b0126408_17202490.jpg


あとは乾くのを待つばかりです。
b0126408_17204527.jpg

[PR]

# by ibizablog | 2008-02-01 17:21 | 季節

スペインへ向けて出発!!   

2008年 01月 31日

今日の早朝、光氏が情熱の国スペインへ旅立たれていきました。
スペインでどんな経験をしてくるのか楽しみですね。
b0126408_1717020.jpg

[PR]

# by ibizablog | 2008-01-31 17:20 | お知らせ

ミニミニ作業は今日の続きます   

2008年 01月 30日

今日も彼らの熱きドカチン作業は続いています。
昨日、石積みを取った地面になにやら大物が潜んでいるようです。
b0126408_17153483.jpg


最終的にはジャッキを使って掘り出しました。『車を持ち上げるならこれも持ち上がるやろー』と必死にジャッキを潜り込ませて、やっとこさ出でこられました。
b0126408_17154982.jpg


とても重かったらしく、さすがのイビサスタッフも少し疲れているよう
でした。
[PR]

# by ibizablog | 2008-01-30 17:14 | IBIZA

ミニミニ改造開始です!   

2008年 01月 29日

寒い寒い冬が続きます。その中でイビサは今日、男達の熱きドカチン作業を開始いたしました!

b0126408_17142659.jpg


ドカチン場所は彼らが立っている石積みです。やる気十分なようですね。
今日は丁寧に石積みを取っていきました。明日はなくなった石積みの下を
ならしていくようです。ちょっとした改装なのですが、イビサに入ってすぐなのであっと思うかもしれません。ケガのないようがんばりますので、どうぞ暖かく見守ってください。
[PR]

# by ibizablog | 2008-01-29 17:13 | IBIZA

光氏スペインレストランに研修に行きます   

2008年 01月 28日

キッチン担当の尾花 光が1月31日から1ヶ月
スペインの山奥エルスカサレスというレストランに研修に行きます。
今年ミシュラン1星を取ったレストランです。
3月に帰国するので乞うご期待!!
[PR]

# by ibizablog | 2008-01-28 17:07 | お知らせ