<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

ドリアンパン、うりぼー   

2013年 10月 17日

山はいきなり秋です。
今日はうりぼー2匹とアナグマを頂き田中番長が気合い入れていっしょに捌きました。
うりぼーは皮付きで、仔豚風に仕上げたいと思います。毛むしるの大変でした。
アナグマはアブラのり過ぎ!!初めてなので研究いたします。
命の勉強です!無駄なく美味しく頂く方法を考えます。

イビサのハムも売店で販売していただいた、広島にある薪ブラザーのパン屋さんドリアンさんが1年くらい旅に出て帰って来ました。
早速お取り寄せ!カンパーニュ 国産の有機栽培の小麦と天然酵母で薪で焼いています。
到着した瞬間いただきました。
香りの余韻がながい!美味しいbioワインのようなミネラル、土の香り、香ばしい樽香のようなクラストすごかったです!!

思わず、2口目にはうちのチョリソといただきました。サイコーでした。ワインを捜してしまいます。ハムとチーズオリーブがあれば夕ご飯もおつまみもいけます。サイコーです。

パンはロマン。本当にしみじみかみ締めました。
うちのパン好きの、くりバージョンしずくも思わずこんな感じです
b0126408_22242877.jpg
b0126408_22244268.jpg

[PR]

by ibizablog | 2013-10-17 22:25 | 季節

佐賀タイマーカルフォルニアキッチンさんへ   

2013年 10月 16日

本日はイビサの生ハムやチョリソを使っていただいている佐賀のタイマーカルフォルニアキッチンさんにランチに伺いました。
写真撮り忘れました。
食を通して、コミュニケーションがあり生産者、お客さん料理人が一つになっている一体感、
日本に足りない食を通じた世界がここにはありました。素晴らしいレストランでした
いままで日本の農業は安全安心と言う意味では農家さんのお陰で気にする事もなかったのですが、
日本も原発やTTPによって食の安全についての意識が高まってきているような気がします。
食はお金をなくてもかけなくても人を幸せにできる魔法、心が喜ぶ食べ物、命をつなぐこと、大切にしたいと思いました。
そしてワインリスト飲み物もマニアックすごいです。
[PR]

by ibizablog | 2013-10-16 21:08 | 時代を還る旅

IBIZA近況   

2013年 10月 09日

秋は何処に行ったのかまだまだ変な気候です。
でも食材は秋です!以前ブログにも掲載した宮沢賢治の詩です
ものすごく共感して共鳴しています。
まさに今このマインドが必要なのではと思っています
100年前に生まれた人がこの発言これからの日本人としてのアイデンティティが濃縮されています
感じましょう、ネクストステージ
  
生徒諸君に寄せる

新しい風のやうに爽やかな星雲のやうに
透明に愉快な明日は来る
諸君よ紺いろした北上山地のある稜は
速かにその形を変じやう
野原の草は俄かに丈を倍加しやう
あらたな樹木や花の群落が
    ゝ
    ゝ
 諸君よ 紺いろの地平線が膨らみ高まるときに
 諸君はその中に没することを欲するか
 じつに諸君は此の地平線に於ける
 あらゆる形の山嶽でなければならぬ

サキノハカといふ黒い花といっしょに
革命がやがてやって来る
それは一つの送られた光線であり
決せられた南の風である、
諸君はこの時代に強ひられ率ひられて
奴隷のやうに忍従することを欲するか
むしろ諸君よ 更にあらたな正しい時代をつくれ
宙宇は絶えずわれらに依って変化する
潮風や風、
あらゆる自然の力を用ひ尽すことから一足進んで
諸君は新たな自然を形成するのに努めなばならぬ


新しい時代のコペルニクスよ
余りに重苦しい重力の法則から
この銀河系を解き放て

新しい時代のダーヴヰンよ
更に東洋風静観のキャレンジャーに載って
銀河系空間の外にも至って
更にも透明に深く正しい地史と
増訂された生物学をわれらに示せ

衝動のやうにさへ行われる
すべての農業労働を
冷く透明な解析によって
その藍いろの影といっしょに
舞踏の範囲にまで高めよ

素質ある諸君はただにこれらを刻み出すべきである
おほよそ統計に従はば
諸君のなかには少なくとも百人の天才がなければならぬ

新たな詩人よ
嵐から雲から光から
新たな透明なエネルギーを得て
人と地球にとるべき形を暗示せよ
 
新たな時代のマルクスよ
これらの盲目な衝動から動く世界を
素晴らしく美しい構成に変へよ

諸君この颯爽たる
諸君の未来圏から吹いて来る
透明な清潔な風を感じないのか

〔断章八〕

今日の歴史や地史の資料からのみ論ずるならば
われらの祖先乃至はわれらに至るまで
すべての信仰や特性はただ誤解から生じたとさへ見へ
しかも科学はいまだに暗く
われらに自殺と自棄のみをしか保証せぬ。

誰が誰よりどうだとか
誰の仕事がどうしたとか
そんなことを言ってゐるひまがあるのか
さあわれわれは一つになって 〔以下空白
[PR]

by ibizablog | 2013-10-09 23:33 | 時代を還る旅