<   2008年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

いよいよ明日帰国!!   

2008年 02月 29日

明日、いよいよ光氏が情熱の国スペインから帰国します!!
どんなお土産話を持ってきてくれるのか、スタッフ一同楽しみにしています。
トランクの荷物と一緒に、スペインの香りがふわっと開けたときに香るんです。その時に改めてスペインに行ってきたんだなぁーっと実感します。どんな香りと言われるとうまくわからないのですが、香水のような私が感じるスペインの匂いです。その香りも、私にとっては大切なお土産です。

b0126408_2344332.jpg

山道をモンテ&サビーナと
[PR]

by ibizablog | 2008-02-29 23:43 | 季節

道のり   

2008年 02月 28日

今日は一日晴天でした!こんな日はイビサスモークレストランまでドライブするっきゃないですね!


合所ダム沿いを走りぬけ(ドコモのフォーマしか電波がなくなります)
b0126408_171921.jpg


村に入り
b0126408_1712356.jpg


ヒグチ商店を通過し(この辺りでタバコを買えるのはここだけ)
b0126408_1714095.jpg


姫冶小学校も通過し
b0126408_1715841.jpg


散策中のこども達にも出会わしちゃったり
b0126408_1721226.jpg


右は棚田、左がイビサでちょっと迷って
b0126408_1723459.jpg


杉の木がドンっとある道を抜け
b0126408_1725539.jpg


橋を渡り、馬場民宿のある田篭へ入り
b0126408_1732360.jpg


木葉館を通過し
b0126408_1733637.jpg


左の道のやまめ養殖所せせらぎさんを通り過ぎ
b0126408_1735574.jpg


いよいよ注連原(しめばる)そしてイビサへ!!!
ってところでカメラのバッテリーが切れてしましました。。
また、合所ダムの入り口と注連原はちゃんと撮ってアップしますね。

イビサへの道のりは浮羽町についてからも大変ですが
どうぞ村の長閑な風景も楽しみながらいらしてください。
カーブが多いので対向車にはご注意を。
イビサ一同心からお待ちしております。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-28 17:00 | IBIZA

画像復活!   

2008年 02月 27日

イビサの居候絵描きこと 伴幹雄氏が裸祭りから無事生還されました!
正しく言うと里帰りしていたのですが。裸祭りは今年もすごかったらしいですよ!今日は伴サンがカラダをはって体験してきてくれた“裸祭り”の話で盛り上がりました。
2月はスタッフも少なく、3・4人ほどでしたが伴サンも帰ってきて、1人居候さんも増え、3月に光氏も帰国し、新しくイビサスタッフも入ってくるので、3月からどっと賑やかになりそうです。


b0126408_23451497.jpg

お散歩コースの中の“秘密の場所”で新芽チャン発見!

b0126408_23452563.jpg

フキノトウもにょきにょきでしたよ!
明日のお味噌汁に春の香りをちょこっと.。:*.。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-27 23:44 | 季節

久しぶりの雨でした!   

2008年 02月 26日

今日は朝から雨。雨は久しぶりです。雪の降ることのほうが多かったですもんね。
川の水も増え、勢いよく流れていましたよ。
今日の朝は生ぬるい気温で、寒いよりいいや!っと思っていたのですが、だんだん気温は下がっていきました。
それと同時になんだかだんだん寂しい気持ちになりました。
雨の降る山はただただ深々としている気がします。
明るく照らす太陽の光もなければ、まるで木々が歌っているようにさえずる鳥達もいません。
その差が大きくて、雨が降る山はどこか寂しいと思ってしますんです。
特に今は寒いからなんでしょうけど。。
でも、もちろん気持ちのよい雨だってあります!
夏の雨はシャワーのようでテンションがぐっとあがります。
植物たちもなんだかうれしそうな気がします。
今の時期はまだ山に緑が少ないのですが、もうじきすれば緑が山を包みこんでいきます。
今からの葉っぱはすごくきれいな緑色なんですよ。
今日、小さな若葉たちを見つけました。
かわいい花を咲かせて春の訪れを教えてくれるまでにはもう少し。
もうちょっとこのどこか寂しい気持ちと一緒に春を待つことにします。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-26 23:45 | 季節

もうすぐさよなら   

2008年 02月 23日

今日は風も強く、寒い一日でした。
お風呂は五右衛門風呂なので毎日沸かして、スタッフが
かわりばんこで入っていきます。薪で沸かしたお風呂は
一日の疲れをすっぽーんと取り除いてくれます。
今日、お風呂に薪をくべ終えてレストランに戻ろうとしたら
白いものが。煙と思ったら雪が降っていました。
雪とももうすぐお別れ。早く春がきてほしいと思いながらも、
この冷たくて白い氷の結晶たちとのお別れは寂しいものです。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-23 23:46 | 季節

大体隠れちゃうんですよ。   

2008年 02月 22日

イビサの満月の夜は本当にきれいですよ!
昨日が満月だったみたいなんですけどね。
いつも“あとちょっと、あとちょっとで満月”って思ってます。
でも、大体雲が隠しちゃうんです。。だからこそ、満月にばっちり会えた時は嬉しい気持ちも一緒に満ちてくるんでしょうね。
イビサの夜は真っ暗なんですよ。明かりが少ないからなんですけど。
でも!月が出てきたときは見違えるほど明るくなります。満ちてくる最初の三日月でも明るいんですよ!
あっているか分からないんですけど、気づいたことがあります。
月がかけていく時は会えなくて、月が満ちていく時は会えるっていう“月の法則”。
だから、満月に会えたときはまた満ちるまでバイバイなんです。また真っ暗な世界。
でも、空では星がキラキラ瞬いて。
月ってびっくりするくらい実は明るいんですね。都会にいた頃は全然気づかなかったんです。
今では見上げて月を確認する前に月がいることがわかります。
なんたって全然明るさが違いますからね。
夜の世界を照らしてくれます。
月が出てる夜は“寂しい”って気持ちまで照らしてくれているようで、元気になります。
そばにいてくれているような気がするから。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-22 23:47 | IBIZA

春風!!?   

2008年 02月 21日

今日は雲ひとつない晴天でした!そして、吹く風が暖かい!痛いくらい冷たかった風だったのに!おもわず、朝・お昼とみんなで外に出てお日様のしたでごはんをいただきました。わんこ2匹もボロ布のようにべたっとねっころがって、にゃんころも朝・昼とごはんを食べているとにゃーと近くまできて日向ぼっこしていました。
イビサは3時ごろにお昼ごはん(イビサでは“おやつ”と言っています)をみんなで食べます。その頃にはもうだいぶ日もかげってきて、風も冷たかったんですがみんなうれしくてうれしくてにこにこしていました。それほど、山の冬は寒いってことですね。

今日見た週間天気予報で雪だるまマークを見たことは黙っておきたいと思います。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-21 23:48 | 季節

トラブルがちょこちょこ   

2008年 02月 20日

今日はちょこっとトラブルがありました。。
薪ストーブの煙突がつまって煙が逆流してしまったので、お店中がスモークルームになってしましました。
屋根に登って煙突掃除したらなんとか正常にもどってくれたのでよかったです。
あとは停電ですね。2・3回今日は停電してしまいました。
ちょうどその時にお客さまが暖炉の部屋でいらしたので、慌ててロウソクをつけてのお食事。
電気がついたり消えたりしてやっとちゃんとつくようになりました。
きっと電気屋さんのお仕事が無事に終わったんですね。
お客さまは『停電しなかったらこのロウソクも出てこなっかたので、よっかたです』とおしゃってくれました。
とても気持ちがいいご夫婦で、イビサスタッフとたくさんお話していただきました。
手作りのケーキとホットコーヒーをポットに入れてお出かけするのが我が家流なんだそうです。
イビサスタッフに手作りのケーキをおっそわけしてくださいました!
ご自宅も自然に囲まれて蛍も見れるそうです。
けれど、お客さまご夫婦が村では一番若いのだとおしゃっていました。
ここの小学校、姫治小学校も年々人数が減ってきています。
こども達が山で遊ぶ姿が見れなくなるのは本当に寂しいですね。
私もこどもの頃野いちごを摘みにいったり、ちっちゃい蛙ラッシュがくればたくさん捕まえにいって、川で真っ黒に焼けるまで泳いで、セミや赤とんぼを追いかけて。
毎日外で『今日はなにしよっか!』と駆け回っていました。
野生のトカゲのこどもを捕まえて育てたりしました。
そのトカゲを自分のせいで死なせてしまったときに、動かなくなったちっちゃなちっちゃなトカゲを手のひらにのせてわんわん泣いたことはいまでも鮮明に覚えています。
今思えば、こどもの頃はたくさんの生き物に出会ってそして死なせてしまった気がします。
“命”を奪うことがどういうことか全然分からなかったんですよね。
でも、トカゲが死んでしまった時に悲しくてしょうがなくて死なせてしまうならもう飼わないと思ったんです。
森の生き物にとって大量虐殺者のこの心の変化はここからはじまった気がします。

いろんなことを山で教えてもらっていたんですね。
だからこそ、田舎で育つこども達が減っていることが残念です。都会でしかできないこともたくさんあるんですけど、田舎でしかできないこともたくさんあるんですよ。
しかも、それはこどもの頃にしか出来ない大切なこと。

『たくさん子作りしんしゃい』
村のおじちゃんがよく言います。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-20 23:48

お日様!   

2008年 02月 19日

お日様の下で薪割りしました!そしたら暑くなって上着を脱ぎました。今年はじめて暑くなって脱ぎました。外で。
朝と夜はまだまだ寒いんですが、お日様の下はいつもぽっかぽかで暖かいですね。
わんこ2匹とにゃんこ1匹もお日様にノックアウトされていました。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-19 23:51 | 季節

休日   

2008年 02月 18日

山イビサは月曜日が定休日です。ちなみに薬院のイビサルテは火曜日。
イビサスタッフの休日の過ごし方はそれぞれですが、下山して福岡の都会に遊びに行ったりもします。
都会は人がいっぱいですね。山ではスタッフ・お客さま・村人ですから都会に行くとそこから実感してしまいます。
都会でも春はあるか探してみたらありました!線路の端っこの方にたんぽぽがぽつぽつと。綿毛にもなってましたよ。山よりも季節が早いんですね。でも、もう一つ目がいったのがごろごろ落ちているゴミです。線路なんて特にちゃんと見たことなかったので、こんなにゴミが落ちていることに気がつきませんでした。
山でも歩いていると空き缶などがたまに落ちているんですよ。いっぱいじゃないんですけどね。だから、見つけたら拾ってもってかえるようにしています。“自分じゃない”と思っても自然からみたら同じ“人間”のやったことですからね。それに空き缶一つでも目がいってしまうんです。
だけど、都会に行っても全然気づかないんです。線路に落ちていたゴミだってそうです。あんなに落ちてたらちゃんと見なくたって目がいかなくちゃいけないですよね。それがなんだか悲しくて。普段は自然に囲まれていても結局は“自分じゃない”自分じゃない人間がすることだと思っていまっているんでしょうね。同じ“人間”なのに。
たんぽぽもゴミにまぎれてなかったらもっともっときれいなんだろうなーっと思いながら通り過ぎました。それが悔しくて悔しくて。なら、なんで拾わないんでしょうか?ゴミが多かったから、時間がなかったから、フェンスがあるから。言い訳の塊だけほおり投げてたんぽぽにバイバイしました。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-18 23:51 | IBIZA