カテゴリ:IBIZA( 30 )   

イビサの裏側!   

2008年 03月 15日

みなさまはイビサの裏側がどうなっているのかご存知でしょうか?

まずは店内に入って、そしてもう一つのドアを開けます
b0126408_1411871.jpg



石積みの階段を下りていくと
b0126408_1415096.jpg



きれいな川が流れているんですよ。熱い夏でも川に行けば、ひんやりとした空気を感じることができます。
b0126408_1421545.jpg



だいぶ暖かくなってきたので
今からがイビサの裏スポットおすすめシーズンですよ!!
[PR]

by ibizablog | 2008-03-15 01:40 | IBIZA

道のり   

2008年 02月 28日

今日は一日晴天でした!こんな日はイビサスモークレストランまでドライブするっきゃないですね!


合所ダム沿いを走りぬけ(ドコモのフォーマしか電波がなくなります)
b0126408_171921.jpg


村に入り
b0126408_1712356.jpg


ヒグチ商店を通過し(この辺りでタバコを買えるのはここだけ)
b0126408_1714095.jpg


姫冶小学校も通過し
b0126408_1715841.jpg


散策中のこども達にも出会わしちゃったり
b0126408_1721226.jpg


右は棚田、左がイビサでちょっと迷って
b0126408_1723459.jpg


杉の木がドンっとある道を抜け
b0126408_1725539.jpg


橋を渡り、馬場民宿のある田篭へ入り
b0126408_1732360.jpg


木葉館を通過し
b0126408_1733637.jpg


左の道のやまめ養殖所せせらぎさんを通り過ぎ
b0126408_1735574.jpg


いよいよ注連原(しめばる)そしてイビサへ!!!
ってところでカメラのバッテリーが切れてしましました。。
また、合所ダムの入り口と注連原はちゃんと撮ってアップしますね。

イビサへの道のりは浮羽町についてからも大変ですが
どうぞ村の長閑な風景も楽しみながらいらしてください。
カーブが多いので対向車にはご注意を。
イビサ一同心からお待ちしております。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-28 17:00 | IBIZA

大体隠れちゃうんですよ。   

2008年 02月 22日

イビサの満月の夜は本当にきれいですよ!
昨日が満月だったみたいなんですけどね。
いつも“あとちょっと、あとちょっとで満月”って思ってます。
でも、大体雲が隠しちゃうんです。。だからこそ、満月にばっちり会えた時は嬉しい気持ちも一緒に満ちてくるんでしょうね。
イビサの夜は真っ暗なんですよ。明かりが少ないからなんですけど。
でも!月が出てきたときは見違えるほど明るくなります。満ちてくる最初の三日月でも明るいんですよ!
あっているか分からないんですけど、気づいたことがあります。
月がかけていく時は会えなくて、月が満ちていく時は会えるっていう“月の法則”。
だから、満月に会えたときはまた満ちるまでバイバイなんです。また真っ暗な世界。
でも、空では星がキラキラ瞬いて。
月ってびっくりするくらい実は明るいんですね。都会にいた頃は全然気づかなかったんです。
今では見上げて月を確認する前に月がいることがわかります。
なんたって全然明るさが違いますからね。
夜の世界を照らしてくれます。
月が出てる夜は“寂しい”って気持ちまで照らしてくれているようで、元気になります。
そばにいてくれているような気がするから。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-22 23:47 | IBIZA

休日   

2008年 02月 18日

山イビサは月曜日が定休日です。ちなみに薬院のイビサルテは火曜日。
イビサスタッフの休日の過ごし方はそれぞれですが、下山して福岡の都会に遊びに行ったりもします。
都会は人がいっぱいですね。山ではスタッフ・お客さま・村人ですから都会に行くとそこから実感してしまいます。
都会でも春はあるか探してみたらありました!線路の端っこの方にたんぽぽがぽつぽつと。綿毛にもなってましたよ。山よりも季節が早いんですね。でも、もう一つ目がいったのがごろごろ落ちているゴミです。線路なんて特にちゃんと見たことなかったので、こんなにゴミが落ちていることに気がつきませんでした。
山でも歩いていると空き缶などがたまに落ちているんですよ。いっぱいじゃないんですけどね。だから、見つけたら拾ってもってかえるようにしています。“自分じゃない”と思っても自然からみたら同じ“人間”のやったことですからね。それに空き缶一つでも目がいってしまうんです。
だけど、都会に行っても全然気づかないんです。線路に落ちていたゴミだってそうです。あんなに落ちてたらちゃんと見なくたって目がいかなくちゃいけないですよね。それがなんだか悲しくて。普段は自然に囲まれていても結局は“自分じゃない”自分じゃない人間がすることだと思っていまっているんでしょうね。同じ“人間”なのに。
たんぽぽもゴミにまぎれてなかったらもっともっときれいなんだろうなーっと思いながら通り過ぎました。それが悔しくて悔しくて。なら、なんで拾わないんでしょうか?ゴミが多かったから、時間がなかったから、フェンスがあるから。言い訳の塊だけほおり投げてたんぽぽにバイバイしました。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-18 23:51 | IBIZA

明日は振り替え休日いただきます。   

2008年 02月 11日

三連休も終わりほっと一息。
山に流れている透き通った川を見ていると落ち着きます。

流れている水に手をいれるとイライラした気持ちがスーッと引いていきます。

山の川は姿を変えます。それは台風だったり土砂崩れだったり、人間の利益のためだったり。それでも水は流れることを止めず、それに合わせて流れをかえ、流れ続けます。私がを手を入れても、水は何事もないように手に沿って流れていきました。
ちょっとしたことでも立ち止まってしまいそうになる自分も、山を流れる水のように止まることなく、自分の道を進んでいかなくちゃ。そう教えてもらいました。

b0126408_015868.jpg

山の川です





b0126408_023970.jpg

b0126408_025319.jpg

モデルのようにポーズをとるサビーナ。
ジャマだからどいて!という声も届かず、前へ前へ。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-11 00:00 | IBIZA

空の話   

2008年 02月 10日

春を感じさせる気持ちのいい空と、冬を感じずにはいられない冷たい風と今日は山の上へわんことお散歩。
b0126408_043570.jpg


上ってみえる“遠く”は山ばかり。雪もまだ残っているみたいです。



b0126408_045327.jpg
そして会えました、沈みゆくお日様と。

b0126408_051830.jpg


イビサは山と山の間にあるのでお日様に会える時間が限られてしまうんです。だからいつもなら会えない時間に山に登って会う、この瞬間が好きです。“今日はさようなら” “また明日”がちゃんと言えたみたいで。


イビサで太陽に感動しました。
本当にすごいと感じました。イビサの周りにはほとんど電灯がありません。
パンを焼く早朝は真っ暗です。手探りでスイッチを見つけて電気をつけます。でも、薪が積んであるところまで電気の光は届きません。ライトを照らします。電気をつけなかったら、自分の手さえ見ることができません。“闇”です。
町で暮らすと外に出て“闇”に会うことなんてありませんでした。電灯やネオン、車のライトで溢れていましたからね。
でも、部屋を真っ暗にする闇とは違います。山の闇は電気をつけても明るいのはそこだけ。少し離れれば見えにくくなり、すぐに闇に入ります。広いはずなのに、まるで小さな箱に入ったみたいに電気が照らしている空間をうろうろ。夢中でパンをこねて、またどこまでも“闇”だった外へ。
そこであっ!と思いました。“見える”。自分の手がはっきりと、薪も外の木々たちも遠くの景色まで。でも、太陽は見えないんです。太陽は“明かり”だけ先に届けてくれました。それから何時間かたってから、朝日がさしました。眩しいほどの太陽の光です。その光に“温度”を感じました。
さっきまでそこが自分の世界だった電気の明かりも、まるで棒がただ光っているだけのようになっていました。
太陽ってすごい。屋根の下のレストランの中までみえるようになるんですよ。太陽を雲が隠しても、ちゃんと明かりだけ届けてくれるんですよ。今まで気づきもしていなかったことにすごく、すごく感動しました。



今日、プリンを作るのに卵を割ったらなんと!2レンチャンで双子でした。
明日もたくさんのことに出会いたいですね。
b0126408_054673.jpg

[PR]

by ibizablog | 2008-02-10 00:03 | IBIZA

寒い日こそ!   

2008年 02月 06日

今日も一日寒かったですね。そんな寒い日にはイビサにある“あの子”にぺったりです。すごく暖かいんですよ!でも、近づきすぎにはご用心。足を温めようと靴を脱いで暖まっていたら、気づけば靴下に大きな穴が。“あの子”に触ってしまってたんですね。。

そんなイビサのホットアイドル、『薪ストーブ』ちゃんでーす
b0126408_11493380.jpg


薪ストーブは本当に暖かいです!冬は元気の元ですね。
この暖かさ、パソコンの向こうまで伝えたいです。

サビーナちゃんも思わずにっこり
b0126408_11494873.jpg

[PR]

by ibizablog | 2008-02-06 11:48 | IBIZA

スペイン釜でプリン!   

2008年 02月 05日

今日はパンを焼く石釜ではなく、スペイン釜でプリンを焼きました!
スペイン釜はあのニワトリの方ですよ。目にしていただいた方にしかわからないのですが、“ニワトリ”の石釜です。
通常下から間接的に薪で釜を温めますが、スペイン釜は直接釜の中に薪を入れて温めます。

b0126408_11512625.jpg

いぃファイヤーしてますねぇー。


十分温まれば薪を掻き出し、プリンを投入!!作業的にはボーっと燃やしてポンッと入れるだけなんですが、その間にはたくさんの推測と微妙な調節をしていくんです。。パンを焼く石釜よりも細かい温度調節をしていかなくてはいけません。
スペイン釜はパンを焼く釜より早く温度が上がってくれます。けれど、その分すぐに温度も下がってしまします。スペイン釜をプリンに合わせてどのくらいの時間燃やし続けるのか、火加減は、どのタイミングで薪を掻き出すのか、どれもかかせないことです。強い火で短時間で温めた釜は高温ですが保温性にはかけます。それにプリンは高温すぎると“す”がたっておいしくありません。だからといって、小さな火で温めようとすると、時間がかかる上に外気は冷たいのでせっかく温めていてもすぐに温度を奪われてしまいます。だからこそ、ある程度まではしかっり温め、プリンが焼ける温度が保てるようにうまいこと火加減など調節していきます。
ちなみに、スペイン釜でのプリン作りは温度計は使いません。すべて自分の感覚で調節していきます。スペイン釜に手をあてたり、手を中に入れて温度を感覚でつかんでいきます。温度計が理想の温度を指しても、その日の薪のくべ方によってプリンを釜に入れてからどのような温度変化が起こるかまではわからないからです。だからこそ、自分の手で感じてうまいこといくようにしていくのです。
と、こんな試行錯誤して出来上がったプリン達です。

b0126408_11515249.jpg

黄色がまぶしいですね。

たかだプリン、コンビニへ行けばすぐに買えちゃうプリン。オーブンやフライパンでだって作れちゃうプリン。
けれど、イビサはずっと石釜プリン。“作る”過程では遠回りかもしれないけど、“おいしさ”にはきっと近道。電気やガスは一切使わず、自然の力をかりてこれからもずっと、食べて欲しくて石釜プリンを作り続けていきますよ。



b0126408_11521040.jpg

今日はジョニーちゃん、車のタイヤの隙間にぺったり。
変わった猫ですねー。。
[PR]

by ibizablog | 2008-02-05 11:50 | IBIZA

ミニミニ作業は今日の続きます   

2008年 01月 30日

今日も彼らの熱きドカチン作業は続いています。
昨日、石積みを取った地面になにやら大物が潜んでいるようです。
b0126408_17153483.jpg


最終的にはジャッキを使って掘り出しました。『車を持ち上げるならこれも持ち上がるやろー』と必死にジャッキを潜り込ませて、やっとこさ出でこられました。
b0126408_17154982.jpg


とても重かったらしく、さすがのイビサスタッフも少し疲れているよう
でした。
[PR]

by ibizablog | 2008-01-30 17:14 | IBIZA

ミニミニ改造開始です!   

2008年 01月 29日

寒い寒い冬が続きます。その中でイビサは今日、男達の熱きドカチン作業を開始いたしました!

b0126408_17142659.jpg


ドカチン場所は彼らが立っている石積みです。やる気十分なようですね。
今日は丁寧に石積みを取っていきました。明日はなくなった石積みの下を
ならしていくようです。ちょっとした改装なのですが、イビサに入ってすぐなのであっと思うかもしれません。ケガのないようがんばりますので、どうぞ暖かく見守ってください。
[PR]

by ibizablog | 2008-01-29 17:13 | IBIZA