雪振る空でした。   

2008年 02月 02日

昨日はあんなに晴天だったのに…今日は午後から雨がミゾレとなり、
ついには雪が降ってきました。
b0126408_11563590.jpg


雪は寒かったり冷たかったりしますけど、やっぱりきれいですね。
“白”を感じときは今まで緑や茶色だった大地がすっぽりと雪に覆われた時に感じます。
ここイビサは特に“白”を見る機会が立ち上る白い煙ぐらいだからなのかもしれないんですけどね。。
雪が降るともう一つ感じることは、雪の中歩いているとふとさっきまで頬を冷たく撫でるように降っていた雪が止むときがあるんです。
あっと思って上を見ると木々が雪を遮ってくれているんです。
夏は焦げるような暑い日差しを、冬は凍るように冷たい雪をまるで木々がやさしく手を伸ばしてくれているように。
その時に“森”になんだか近づいたような、そして自分達も自然の一部なんだなぁと心の奥の方でいつも思います。

今日は降ってから少し時間がたってからのわんこお散歩タイムだったので、少しずつ雪が積もりはじめていました。
葉っぱも散ってしまった桜の木の枝に積もる雪が、まるで枝一面に白い花を咲かせているようできれいでしたよ。



b0126408_1157258.jpg


石釜で焼いた日替わりタルトです。今期は『金柑タルト』です!
金柑がきらきらしててきれいですねー。
なんたってただいま金柑がとてもおいしい季節ですから!!
[PR]

by ibizablog | 2008-02-02 12:02 | 季節

<< 今日は節分でしたね。 晴れ渡る空でした! >>