山、一ヶ月   

2008年 03月 25日

はじめまして。
山の居候 二号のへろしです。
映像制作しています。
どうぞ、よろしくお願いします。
居候生活一ヶ月を自ら記念して、初日記です。

今日は、このIBIZAがある集落の神社と公民館を村人達と朝一で掃除しました。
昨日は、注連原(しめばる)の常会にも初参加しました。
地元のソウルフードを食べ、酒を飲み、言葉を交わす。
村人とのコミュニケーション、これってやっぱり山の生活には大事なことな気がします。
過疎化が進む日本中のほとんどの村には、若者がいません。
おじいちゃん、おばあちゃんばっかり。
でもそのおじいちゃん、おばあちゃんにしか知らないことっていっぱいあります。
村に代々伝わる伝統儀式や伝説は、お父さん、お母さんの世代は全然知らない。
ずっとずっと続いてきた歴史を、たった一つの世代が引き継がなかったために消えていく、
そんなのはあまりにもったいない。
実はその消えようとする世界が、都会にはない、日本が世界に誇る世界観だと思うのです。
新しい価値観が必要な今の時代、やっぱりまず原点に返ることからはじめないといけないんじゃないかなぁ~。

IBIZAの生活は、とても不思議。
日本のような、スペインのような、でもやっぱり日本。
とにかく山と川が素敵です。
おいしいご飯を食べ、自然を感じて、時間を忘れて、気持ちよくなりにきてくださいませ。


                                 by へろし



*レストラン
b0126408_2348327.jpg


*レストランの目の前の景色
b0126408_23521926.jpg


*レストランの裏の景色
b0126408_0222924.jpg

[PR]

by ibizablog | 2008-03-25 23:55

<< el nuevo blog 春の音 >>