ドリアンパン、うりぼー   

2013年 10月 17日

山はいきなり秋です。
今日はうりぼー2匹とアナグマを頂き田中番長が気合い入れていっしょに捌きました。
うりぼーは皮付きで、仔豚風に仕上げたいと思います。毛むしるの大変でした。
アナグマはアブラのり過ぎ!!初めてなので研究いたします。
命の勉強です!無駄なく美味しく頂く方法を考えます。

イビサのハムも売店で販売していただいた、広島にある薪ブラザーのパン屋さんドリアンさんが1年くらい旅に出て帰って来ました。
早速お取り寄せ!カンパーニュ 国産の有機栽培の小麦と天然酵母で薪で焼いています。
到着した瞬間いただきました。
香りの余韻がながい!美味しいbioワインのようなミネラル、土の香り、香ばしい樽香のようなクラストすごかったです!!

思わず、2口目にはうちのチョリソといただきました。サイコーでした。ワインを捜してしまいます。ハムとチーズオリーブがあれば夕ご飯もおつまみもいけます。サイコーです。

パンはロマン。本当にしみじみかみ締めました。
うちのパン好きの、くりバージョンしずくも思わずこんな感じです
b0126408_22242877.jpg
b0126408_22244268.jpg

[PR]

by ibizablog | 2013-10-17 22:25 | 季節

<< イビサの源流へ うどん編 佐賀タイマーカルフォルニアキッ... >>