イビザの1日   

2012年 10月 20日

秋も深まりつつあるイビサです。
イビサの1日はアッという間に過ぎていきます。
1日が長いと思ったことはあまりありません。
できるだけ自然の光を見える環境があると、自然のリズムを感じて仕事を
出来るので、あっという間なのかもしれません。

大雨でとろけていた釜戸を新しくつくりました。
これはソミュール液を焚いたり、玉ねぎのチャツネを大量に作ったり
ジャムを一気に30キロ位作れたり。ラードの精製、薪で火力もガスと違うのでパワフルです!
フキの佃煮も、たけのこの処理もサイコーにいいです。1日で出来るので、みなさんも是非作ってみてください
b0126408_21195599.jpg


1年熟成のマスタードを詰め詰め
b0126408_21135555.jpg

和田部長パンと格闘
b0126408_21143444.jpg

桜のチップ用の薪もカット&整理
ウーフのスペイン人カルロス料理人です
b0126408_21214798.jpg

お前らちゃんと仕事しろよとしずく姫
b0126408_21241487.jpg

[PR]

by ibizablog | 2012-10-20 21:25 | IBIZA

<< スモークブルース イビサ元気に営業しております! >>