塩ベーコンできました。    

2009年 07月 25日

大変長らくお待たせいたしました。
塩漬けベーコン、完成いたしました。
熟成中につき、お待ちいただいていたお客様へ、やっと売店に塩ベーコンが帰ってまいりました。
できたて塩ベーコンをおつまみに、美味しいお酒を飲んでください。
b0126408_095987.jpg


塩ベーコンは、豚のバラ肉をつかった長期熟成ものの生ハムです。

今回は、ちょっとだけ塩ベーコンの切り方講座を…
塩ベーコンは、スライスしてそのまま召し上がれますが、皮つきのまま熟成しているので、硬い皮がついています。これはカマボコについているカマボコ板のようなものと思ってください。
硬くて包丁が通りません。
まず、皮を下にしてまな板の上に置きます。

b0126408_0102266.jpg028.gif塩ベーコンには肉のセンイの走っている方向があります。このセンイを断ち切るように切るのがコツです。
←の写真では、肉のセンイが横に走っているのが見えます。(赤身の中の白いスジに注目。)
この面に沿ってスライスすると、食べたときにスジが口の中に残ってしまいます。


b0126408_0104140.jpg003.gif←の写真では、肉のセンイが点々に見えます。この面に沿ってスライスすると、センイが断ち切られて口どけよく、美味しく召し上がれます。
どちらの面なのか、わかりにくいときは、まず一枚スライスして食べくらべてみてください。
センイが口に残らなかった面に沿ってスライスすれば、OKです。

b0126408_0175494.jpgスライスする方向が決まったら、皮と身の間に包丁を入れます。

このとき、完全に皮と身を切り離すのではなく、3分の1ほど、つなげたまま残しておくと切りやすいです。
あとは、お好みの薄さにスライス。

切る前に冷蔵庫で塩ベーコンをひやしておくと切りやすいです。
b0126408_0111085.jpgb0126408_0112172.jpgb0126408_0113229.jpg
b0126408_011445.jpg最後の方は、どうしてもグニャリとして切りにくいです。

無理にスライスしなくても、細かく刻んで炒め物やスープのだしなどに使えます。

盛り付けは、ふんわりと。
b0126408_011589.jpg



おまけ… こいぬちゃん よく寝 よく食べ よく眠るなぁ
b0126408_123220.jpg

b0126408_1205387.jpgb0126408_1214337.jpg
[PR]

by ibizablog | 2009-07-25 00:08 | お知らせ

<< イビサ祭の写真 新しい仲間ーーーーーーー!! >>